本音のほうが面白い。

ゲームと雑学と思ったことをつらつら書きます

コロナウイルスのせいでマスク難民に陥っている方々へ

 

f:id:KIRAKu:20200217171821p:plain

2020年に入ってからと言うものの世界的に新型コロナウィルスが大流行しており、

2月頭にして今年の大流行ワードが決まりそうなくらいの騒ぎになっていますね。

身を守る術は

”出来る限り人混みに行かない”

”出来る限りマスクを着用する”

”手洗いやうがいを徹底する”

”公共のものをできるだけ触らない”

くらいしかないと言われております。

 

世界的にパンデミックになる前に根絶してくれると良いのですが…

とは言え感染が広がることも視野に入れて、出来る限りの適切な対処を行うことが大事になってきます。

その中でもっとも安易かつ重要な事はマスクをすることですが、

今やどこのドラッグストアやコンビニも大欠品状態。

オイルショックならぬマスクショックに陥っており、コロナウィルスに対する国民の警戒レベルを鑑みることができます。

仕事が休みの日はマスクを探しに走り回っている方々もいるのではないでしょうか。

そんなあなた方へ、マスクが手に入るかもしれない方法を紹介します。

ロードサイドの家電量販店

ヤマダ電機やビックカメラにも日用品が置いてあります。割とみなさん気づかない穴場です。

病院と連動している薬局(処方薬局)

病院の敷地内の薬局など、あまり外部の人が入らない薬局は普通に在庫してます。病院にもストックはありますし。。

駅前のドラッグストアで入荷時期を聞く

僻地にあるようなドラッグストアにはマスクの供給がされるにはだいぶ時間がかかります。

ですが駅前のドラッグストアは優遇されており、入荷の目処が立っていたりすることは多いです。お客さんも多いので入荷したらすぐ売り切れてしまいますが、前もって入荷情報を聞いておけばスムーズに手に入れることができるはず。

閑散としているホームセンター

どこのホームセンターとは言いませんが、あまりお客様の集まらないホームセンターなどはなんだかんだ在庫を抱えていたりします。シニア層の方が多く集まるようなホームセンターは逆に在庫はないです。若者より高齢の方々の方がマスクへの執着は強いです。

 

お話ししたいこと

現在マスクは現在増産体制を整えており

”1ヶ月以内を目処に一般家庭にも届く量のマスクが生産される”

とのことです。

コロナウイルスもそうですが、そろそろ花粉の季節。

花粉症やマスクを買えていない他の方のためにも、皆に供給されるようにマスクの買い占めは行わず、必要数の購入をすることを強くお勧めします。

ちなみに、僕も超愛用中のPITTAマスクは

”花粉や風邪のウイルスは遮断できるがコロナウイルスは小さすぎて遮断できない”

らしいですので意味はほぼないそうです。

いろんな情報が出回っていますが、変な情報をつかまされないように気をつけて下さいね!